PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

マトロックスMonarch(モナーク)HDをパンダスタジオのバックアップ導入を検討開始

マトロックスMonarch(モナーク)HDの検証を始めました。

パンダスタジオでは徹底的な少人数オペレーションによる効率を追求していますが、スタジオ収録で、メインの録画機能がダウンしたり、エラーになった場合にも、録画データがきちんと保護される方法を模索しています。


現在は、メモリーカードポータブルレコーダー AG-HMR10A(写真)を利用していますが、録画形式が、AVCHDであること、ファイルが大きくなること、お客様にすぐにデータを渡して見ていただけないことなどから、MP4(H.264 )による収録できるレコーダーを検討してきました。

2013年3月のNAB Show(ラスベガス)で展示されているものを見てから評価機をお願いしていた「Monarch(モナーク)HD」が、本日、マトロックス日本総輸入代理店であるジャパンマテリアル(グラフィックスソリューション事業部=東京都新宿区、http://www.jmgs.jp)の山下卓さまが直接届けてくださいました。早速スタジオでの収録にどんどん投入をして評価を始めています。

近日発売予定のH.264録画/配信デバイスMonarch(モナーク)HDの検証機をお借りできました。

近日発売予定のH.264録画/配信デバイスMonarch(モナーク)HDの検証機をお借りできました。

 

SDHCカードにH.264コーデックMP4形式で保存できるMonarch HD。

「Monarch(モナーク)HD」は、H.264配信/録画に1台で同時対応できるデバイスです。前面パネルにSDカードスロット1つとUSB2.0端子2つを持ち SD/SDHCカードまたはUSBハードディスクドライブに録画することが可能です。HDMI入力だけでなくHDMIスルー出力を持っているので 録画したい映像を表示するディスプレイの手前に挟み込んで録画することができました。

手のひら大サイズのMonarch HD。SD/SDHCカードまたはUSBハードディスクに録画できる。

手のひら大サイズのMonarch HD。SD/SDHCカードまたはUSBハードディスクに録画できる。

 

セットアップは Internet ExplorerやSafariなど 汎用のブラウザからネットワーク経由で行なえます。ブラウザから4台のMonarch HDにアクセスして各種設定ができるのは便利ですね。「録画だけ」「配信だけ」「録画と配信の両方」といった設定も可能です。

ネットワーク上の特定のディレクトリーに録画データを保存さえる機能が利用できるのは面白いところ。各スタジオに1つ設置しておいて、バックアップがスタジオ内のバックアップサーバーに自動回収されるようにしておけば、SDカードのローテーションを管理しないで良くなるのは 大きなメリットですね。

配信モードをRTSPに設定した場合は、Pullモードでの配信になりますが、QuickTime Playerでrtsp URLを入れれば視聴することができます。これも便利に使えそうな機能です。

汎用ブラウザから 4台までコントロールできる。

汎用ブラウザから 4台までコントロールできる。

 

  • Monarch HDは 「録画のみ」の場合で最大30Mbpsでの収録
  • 「配信のみ」の場合で最大20Mbpsでの配信が可能
  • 「配信と録画」を同時に行なう場合は、足したビットレートの最大が30Mbpsまで。
  • ビットレートに制限はあるものの かなり高ビットレートなので 画質は充分です。

1点気になるのは、メディアフォーマットが「FAT32」「NTFS」にしか対応していないことです。「exFAT」形式が使えるようになると、より汎用性が増して来そうです。

長時間録画時には ファイルが分割されますが、フレーム落ちしないのも特筆すべき点でしょう。安価なデバイスのように、ファイルのつなぎ目で数フレーム コマ落ちすることもないので、ノンリニア編集ソフトでファイルを繋いで編集することも可能です。

パンダスタジオの技術者メモを公開

機能的には・・・
・HDMI入力、HDMIスルーアウト
・H.264+AACエンコード
・RTMPまたはRTSPでストリーミング
・RTMP用XMLファイル読み込み
・MOVまたはMP4でローカル録画
・ストリーミングと録画の同時実行
・ストリーミングと録画で別々のエンコード設定
・USB2.0、USB3.0メディア、SDカードへの録画
・Windowsネットワーク共有ディレクトリへの録画
・Webブラウザでの設定、制御
・複数台Monarch HDの一括管理
などが可能です。

気になる点は・・・
・本体にLED表示しか無く状態が把握しにくい
・配信、録画設定を変えるには一度停止させる必要が有る
・設定をいじるとHDMIスルーアウトが途切れる
・配信と録画を同時に使う場合ビットレートに制限が出る
録画のみ:最大30Mbps
配信のみ:最大20Mbps
同時実行:配信最大10Mbps、配信+録画の最大が30Mbps
・かなり本体が熱くなる
・メディアのフォーマットがFAT32かNTFS(exFAT非対応)
と言った点です。

 

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:秋山 謙一

Print This Post Print This Post