PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

リモートカメラ雲台を黒に塗り替えました

パンダスタジオでは、スタジオ内にあるカメラの構図変更に韓国製の電動リモートカメラ雲台を活用しています。

パンダスタジオ・ハリウッドでは、香港のiFootage製ミニジブ(クレーン)を使用して、ステージの上方から床に近いところまでをカメラを移動させながらの撮影も行えるようにしました。このミニジブにSONY製4KハンディカムFDR-AX100を載せ、クレーンの撮影においても4K収録を可能にしています。小さなクレーンとカメラですが、画に動きがでて、カッコ良い画が撮れるようになりました。
ミニジブは単なるクレーンですので、カメラの構図を変えるには、電動リモートカメラ雲台が不可欠になります。この雲台は、もともと白色のボディでした。運用を始めてみると、三脚やカメラなどが黒系統の機材が多いなか、リモートカメラ雲台の白が目立ちました。そこで、ボディを黒へと塗り直しました。機材の中で電動雲台が浮いて見えることも無くなり、ミニジブ標準の雲台であるかのようにスッキリとした機材になりました。

10515214_836434723040881_1274408977572232834_o

左が黒に塗装した電動リモートカメラ雲台。いかにも機材を組み合わせましたという白ボディに比べ、機材としての一体感が増しました。

同じ雲台でも、白から黒に変更しただけで、だいぶ印象が変わりますね。

同じ雲台でも、白から黒に変更しただけで、だいぶ印象が変わりますね。

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:秋山 謙一

Print This Post Print This Post