PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

スタジオの照明管理・照明設置のために、ASENSETEK 社製分光計を導入しました

パンダスタジオでは、スタジオ環境の色再現向上を図るため、ASENSETEK 製分光計「ライティングパスポートスタンダード」を導入しました。

IMG_5935

パンダスタジオでは、LED照明を利用してスタジオ環境を構築しています。同じメーカーのLEDを使用しても、そのLEDによって、青みが強かったり赤みがあったりすることもあり、色のコントロールが難しいと感じることもありました。

最近では、LEDの箱に「演色性(Ra)」が表示されることも増えて来ました。演色性とは、光源の色の再現性を示す数値です。色サンプルR1〜R8までの数値を平均した演色性を「平均演色評価数Ra」、彩度の高い赤色R9と肌色R13、R15を含む色サンプルR9〜R15までの数値を平均した演色性「特殊演色評価数Re」で表します。数値が100に近いほど、より自然な色味であることの目安になります。

導入したライティングパスポートスタンダードは手のひらサイズの分光計でバイスで、Bluetooth経由でデータを送信します。iPhone/iPadなどのiOSデバイスやAndroid 4.4デバイスと連携するためのアプリケーション「Spectrum Genius Mobile」または「Spectrum Genius Transmittance」を使用すれば、測定結果をグラフィカルに表示できます。通常のカラーメーターでは数値表示が一般的で、ニュートラルにするための色フィルターを示すものが多いのですが、Lighting Passportを使うと数値だけでなくグラフ表示され、視覚的にもわかりやすいのが特徴です。購入したスタンダードセットと、iPod touchが付属するフラッグシップセットでは、被写体の色再現性をより詳しく評価することができる平均演色評価数Reも測定でき、より正確に色味を調べることができます。
IMG_5936

無料で提供されるアプリのSpectrum Genius Mobileを使って、分光曲線、色度図、R1-R15、照度、色温度などが表示できる。

 

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:秋山 謙一

Print This Post Print This Post