PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

【パンダスタジオのスタジオ工事】天井の補修作業

パンダスタジオ(東京都千代田区、http://www2.pandastudio.tv)工務部「造」が構築中のパンダスタジオ、外部の専門業者とも連動しながらも、パンダスタジオでは、工務店部隊を作って、スタジオ構築、スタジオ工事の事業をしています。

本日紹介するのは、築年数が、40年以上も立っており、古く汚れた天井をどのように処理するかとうことでした。

ジブトンなどの天井素材を張ることも考えたのですが、強度が弱く、天井材の自重にも耐えられそうにないということで、3mmのベニヤ板を貼り、壁紙仕上げとすることになりました。壁紙を張る前の天井に下地を作っている様子ですが、写真にて紹介いたします。

天井は、経年劣化で煤けたり破れていたり、ひどい状態でした。まずはベニヤ板で下地を貼ることからスタートです。

天井は、経年劣化で煤けたり破れていたり、ひどい状態でした。まずはベニヤ板で下地を貼ることからスタートです。

天井は、経年劣化で煤けたり破れていたり、ひどい状態でした。まずはベニヤ板で下地を貼ることからスタートです。経年劣化も激しく、古い壁紙を剥がす作業も困難と判断し、ベニアの化粧板を順番に貼り付ける作業をしました。

仕上げが綺麗ということで、ピンタッカーを初めて、一部に利用

仕上げが綺麗ということで、ピンタッカーを初めて、一部に利用

 

4mmのピンタッカーで基本的に天井にベニア板を固定したのですが、一部試験的に新しく導入したマキタの18V電動工具のピンタッカーを利用してベニヤ板を天井に取り付け作業をしました。

マキタのピンネイルP18 を利用

マキタのピンネイルP18 を利用

マキタのピンネイルのP18 を使用しました。色は、ベージュのため、打ち付けたとしてもベニヤ板と同色のため、どこにピンが入っているかわからないぐらい綺麗に同化します。

採寸をしながら、天井に一枚一枚ベニヤ板を貼り付ける作業をしました。

採寸をしながら、天井に一枚一枚ベニヤ板を貼り付ける作業をしました。

採寸をしながら、天井に一枚一枚ベニヤ板を貼り付ける作業をしました。ベニア板は、最初カッターナイフで切断しましたが、あまり綺麗に切断できないので、丸のこで切断にチャレンジ。ところが、断面がササクレだってしまい、利用ができないほど、ガタガタになりました。

そこで、マキタの電動工具で、これも新しく導入したマキタの18Vタイプのジグソーを利用してベニヤ板の切断作業を行いました。電動工具のち外による断面の違いは、また改めて紹介したいと思います。

パンダスタジオとは

「パンダスタジオ」は2010年10月10日10時10分に、第1号店が東京都千代田区オープンした最新の設備が揃ったビデオスタジオです。この1号店のノウハウをそのままに、現在、全国各地にパンダスタジオが誕生しています。スタジオ構築サービスは、パンダスタジオ工務部「造」が、スタジオ事業部と連携しながら、より使いやすいスタジオシステムを提案していきます。

 

お問い合わせ

パンダスタジオでは、スタジオのレンタルだけではなく、スタジオ機材の提案・販売から、スタジオ工事まで、幅広く対応しています。実際にスタジオを見学しながら、実際の機器を見ながら、機器の相談をしたり、スタジオ構築、スタジオ工事の相談を承ります。

個人情報の取扱い規約

株式会社パンダスタジオ(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. イベント、セミナー、キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務
弊社は、プライバシーポリシーの規定に従い、変更前の目的と相当の関連性を有する範囲内で利用目的を変更する場合があり得ます。その場合は、変更後の利用目的を速やかに弊社のWebサイト上に掲載いたします。
会社名 株式会社PANDASTUDIO.TV
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目7番3号 セイコービル2F
担当部署 スタジオ事業部
電話番号 03-5812-0666
FAX番号 03-5812-0669
Eメールアドレス pandastudio@kiban.jp (送信時は@を小文字に変更してください。)

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:西村正宏(にしむら まさひろ)

Print This Post Print This Post